齲触(虫歯)等、歯の診査

  • 存在歯: 検診時に生えている歯を検出(記号:/)
  • 要抜却乳歯: 永久歯の萌出に障がいを及ぼす乳歯(記号:×)
  • 欠損歯: 抜歯済みの歯牙(記号:△)
  • 処置済歯: 処置が完了している歯牙(記号:○)
  • 齲触歯: 歯髄に達しない虫歯(記号:C)
  • 高度齲触歯: 歯髄に達する虫歯(記号:Ch)
  • 要観察齲触歯:齲触(虫歯)になっているが初期の段階で、口の中の環境が改善されれば進行せずに処置が必要では無い可能性がある歯牙(記号:CO シーオー)

その他の診査

  • 歯肉炎: 歯肉が腫れたり赤くなったりしている状態(記号:G)
  • 要経過観察歯肉炎: 歯肉に炎症があるが、ブラッシング等により改善が見込まれるもの(記号:GO ジーオー)
  • 歯垢・歯石: 歯に汚れが付着している場合
  • 歯列・咬合の異常: かみ合わせや歯並びの異常
  • 顎関節の異常: 事前にアンケートを実施し、検診時に症状の確認をします。
  • その他の異常:癒合歯(歯同士がくっついている歯)等、上記以外の異常

検診結果のお知らせ

  • 異常が有れば、保護者の方にお知らせします。
  • 春の検診で異常があって、治療がされていない場合や、経過観察の必要な児童に対しては、秋に再検診を実施します(10月~11月頃)